テレフォンセックスのしすぎは遅漏になる?

テレフォンセックスでは確かに相手はいますから快感の得方は自慰行為とは違います。しかし体を触っているのは自分自身。女性も同様ですが、男性のほうがかなり激しく自分の一部を触ることになりますので、回数を重ねると与える刺激が強くなってきてしまう可能性があります。女性の中にインサートするときには女性が潤っていますので、その潤いも刺激となって快感を与えてくれます。感じさせればさせるほど締まる緩まるという強弱も女性の体が付けてきますので、更に快感が得られるのです。
セックスは脳内の作業も多く、そこから刺激も受けてフィニッシュに向かうわけですが、自慰行為の場合にはどうしても手っ取り早くフィニッシュを迎えるために、必要以上に激しく触ってしまったりします。適度な自慰行為は女性であれば快感の得方をよく知る訓練になります。自慰行為の経験がある女性は、処女であっても感じ易くなってるというデータもあるほどです。特にクリトリスで感じるタイプの女性は、オナニーを普段からしている傾向にあるとのこと。いきなり挿入されてもイケないが、一度クリトリスでイケば、その後の挿入でなんどもイクことが出来るようになっているようです。しかし手っ取り早くクリトリスだけでイク事を覚えてしまうと、深い快感は得られません。またクリトリスが刺激に耐性を持ってしまい、さらに強い刺激を与えないと感じなくなってしまう様になってしまうのです。男性の場合もそれに似ています。
我慢することや緩急をつけるのに自慰行為はトレーニングになりますが、過剰になってしまうと刺激に対して耐性ができてしまいいます。強く触らないと快感が得られないようになり旦那のテレフォンセックス果てには女性に挿入しても全く感じなくなってしまう様になるのです。自分で激しく触ってフィニッシュを迎えることしかできなくなります。
テレフォンセックスをし過ぎると、そのような状況に陥ってしまう可能性があります。そこで女性に挿入するときと同じような刺激を与えて、それによってフィニッシュを迎えるような環境つくりが必要です。例えばローションを使ったり、オナホールを使ったりといった方法です。オナホールを使うときにも、一緒にローソンは使いましょう。また乾きでローションが固くならないように、適度に水を混ぜたり、途中で水青補給するなど、いつでもなめらかな感触になるように務めることも大切です。この時の音はテレフォンセックスで効果的に使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>